ストレススキャンの技術

「ストレススキャン」の基礎技術は、1996年に「ヨーロッパ心臓病学会および北米ペーシング電気生理学会の委員会」により発表された世界標準、5分間の心拍リズム記録を解析する短時間心拍変動解析(HRV)をもとに開発されています。

ストレススキャンのもとになっている技術

世界標準の短時間心拍変動解析(HRV)をもとに開発

心拍と自律神経、あるいはストレスレベルは、1960年代から確認されていました。

「ストレススキャン」の基礎技術は、1996年に「ヨーロッパ心臓病学会および北米ペーシング電気生理学会の委員会」により発表された世界標準、5分間の心拍リズム記録を解析する短時間心拍変動解析(HRV)をもとに開発されています。

スマートフォンのカメラで脈拍をとれるの?

血液中のヘモグロビンは光を吸収することが知られており、心臓が鼓動して新しい血液を送り出すたびに、血管内の血液による光の吸収量は変化しています。

それを利用して、指先にLEDの光を当て、デバイスのカメラから光の吸収量を検知することで脈拍を検出しています。

ストレススキャンの「ストレス指数」

「ストレス指数」は数百万をこえる心拍間隔のデータから、そのストレス傾向を分析し、わかりやすく表現したストレススキャン独自の指標です。